• blog
  • ブログ
  • これから減量を始める人へ 成功させるための心構え

これから減量を始める人へ 成功させるための心構え

「痩せよう」そう決意した時にネックとなるのは“続かないこと”です。ひょっとすると、減量を成功させるための最大の敵は、自分の内側にあると言えるのかもしれません。今日は、減量を決意したその日から停滞期まで、それぞれのシーンにおける成功させるための心構えをご紹介します。

 

始める前からあきらめないで!

始める前から、「どうせ続かない」「痩せるなんて無理にきまっている」とネガティブなことを考えていませんか?「自分ならできる!」と毎日大きな声にして、自分を応援するようにしてみましょう。慣れないうちは、少し照れくさく思うこともありますが、不思議なことに口に出してみると、本当に「自分はできる」と思えるようになります。

「10キロ落とす!」「引き締まった身体になる!」となりたい自分像をできるだけ具体的に声に出して決意表明をしてみましょう。この方法は、減量だけでなく勉強や仕事でも自分に自信が持てるようになるので、おすすめですよ。

ちょっとしたことでも自分を褒めよう

何ごとも計画通り完璧に進めるの困難です。ときには、自分で立てた目標を達成できないこともあるでしょう。「甘いモノを食べ過ぎてしまった」「今日は運動できなかった」と反省することはもちろん大切ですが、いつまでも引きずってしまうと前に進めません。

できなかった事実を受け止めるのはもちろん大事ですが、そんな時はできたことに目を向けてみましょう。どのような些細なことでも大丈夫! 「炭酸飲料を我慢した」「社内のおやつに手を出さなかった」「階段を使った」など頑張ったことを思い出してみましょう。そして、頑張った自分を褒めてあげましょう。

できたこと・できなかったこと、その日の行動はあなたのこれからの身体を作っています。できなかったこと上回るようにできたことを増やしていきましょう。

成果がではじめたら、より明確な目標を

体重計に乗って、昨日よりも減っているとやる気もテンションもアップ! 自分が立てた目標体重を下回っていたらより一層うれしいですよね。最終的なゴールが明確であればあるほど、目標を達成しやすいですが、掲げているのが1つの大きな目標だけだと、当然ながら達成までに時間がかかり、途中で挫折してしまうことになりかねません。

Noomでは達成感を繰り返し味わえるよう、最終目標だけではなく、小さな目標を設定することをおすすめしています。「まずは1カ月で2キロ痩せる」「腹筋を毎日10回」など、今の自分が現実的に生活習慣に取り入れられることから始めましょう。そして、ひとつ目標を達成したら、「次の1カ月でもう2キロ痩せる」「腹筋を毎日20回に増やす」など、最終目標に近づくための次の目標を増やしていきましょう。

 目標を達成した後のご褒美を用意することもおすすめです。「体重が2キロ減ったら、行きたかった旅行に行く」「毎日腹筋20回を1週間続けられたら、欲しかった服を買いに行く」というように、毎日の継続がやりたいことの実現につながれば、モチベーションもアップします。

停滞期こそ、自分を見直す時間に

順調に減っていたはずの体重が、ある日を境に急に減らなくなる。そう、いわゆる停滞期です。ここで、「体重が変わらないなら、いつもよりちょっと多めに食べても大丈夫だろう「体重が減らないなら、運動をやめてしまおう」と、いつもより食べ過ぎてしまったり、元の生活習慣に戻したりしてしまうと、リバウンドにつながります。

停滞期は、ある程度体重が減ると、身体が飢餓の危険を感じてそれ以上痩せることを防ごうとすることで生じます。つまり、人間が本来生きていくために自分の身体を守ろうとする正常な現象なのです。

だからこそ、この時期は体重を減らすことでなく、体重を増やさないことに意識を向けましょう。

停滞期の期間は個人差がありますが、2週間から1ヶ月の間で終わります。その間に、体重が増えないように停滞期前に行っていた生活習慣の改善を継続的に続けていれば、停滞期が終わったころに、自然と体重も減り始めていきます。

 

減量では自分を追い込むのではなく、現状を把握した上で自分を信じたり、褒めたり、達成感を味わったりしていくことが大切です。

今までの「続かないつらい減量」が、「成果の見える楽しい減量!」になりますよ。