• blog
  • ブログ
  • ヘルスケア業界人必読!「CDC認定」ってなに?

ヘルスケア業界人必読!「CDC認定」ってなに?

Rei Watanabe

今回は、ヘルスケア業界注目のキーワード、「CDC」について解説します。

CDCとは

アメリカ疾病対策予防センター、通称CDC。米国保険福祉省(日本でいう厚労省)による感染症対策の総合研究所です。

CDCの見解は、グローバルスタンダードと見なされており、認定を受けることは世界的に大きな影響力を持ちます。

「CDC認定」の威力

CDCは、2型糖尿病の予防を目的とした優れた行動変容プログラムを認定する「糖尿病予防プログラム 」(Diabetes Prevention Recognition Program: 通称 DPRP) を設置しています。これに認定されたプログラムは、CDCのパートナーとして米国の公共・民間団体に活用されます。

Noom はCDC準認定!

Noom  は2014年に、モバイルアプリとして初めてこのDPRPの準認定 (pending recognition) を受けています。

準認定を受けたプログラムは、DPRPが定める細かな基準要件を満たしながら二年のあいだ半年ごとに報告書を提出し、正式認定を目指します。

正式認定のなにがすごいの?

正式認定されたプログラムは…

    • 医療従事者(医師など)が、患者へ直接プログラム参加を推奨できるようになります
  • 患者にとっては、プログラム参加による医療費負担が軽減されることがあります

つまり、CDCの正式認定を受けることによって、全米の医療機関を通してより多くの人々に私たちのプログラムを届けることができるようになるということです

成人の3人に1人が慢性疾患をかかえると言われているアメリカで、予防医療分野での行動変容プログラムは大きな注目を浴びています。Noom は引き続きCDCからの正式認定を目指しながら、根拠に基づいたソリューションを提供していきます。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちらから