• blog
  • ブログ
  • 多岐に渡って活躍する管理栄養士、健康を求めて。

多岐に渡って活躍する管理栄養士、健康を求めて。

管理栄養士が”天職”であると笑顔で語ってくださるRuriさん。

noomではライフスタイルコーチとして活躍されながら、他にも食堂のメニュー企画やセミナー講師、学生スポーツの支援など、多岐に渡るお仕事をしているRuriさんにお話を聞きました✨

Ruriさんのnoomにジョインする前のエピソードを教えてください。

学生時代に”管理栄養士”の資格を取得してから、1年目は病院で栄養指導の仕事を、2年目には学校で栄養指導の仕事をして過ごしていました。枠にとらわれずに考えを自由にアウトプット出来る環境だったので、色々なアイディアを食育の指導に取り組んでいましたね。人形を使った食育の指導などもやりましたね😌

しかし、少し縛られた環境でもあり、好奇心旺盛な自分の性格には合っていないかなと思いながら当時は仕事をしていました。

働きはじめてから3年目に、やはり違う環境で働こうと思い転職活動を💡

「食育や疾病予防は早ければ早い方が良い」という考え方を持ちながら転職活動をしていたら、当時ベンチャー企業が委託している食堂部門の担当をさせて頂くことに。最初は深く考えず少し軽い気持ちで入ったものの、いざ仕事を始めると、食堂業務に取り組むだけではなく、「自分の裁量を自分で決めて社長の前でプレゼンをしたり」「将来の自分を常に考える時間があったり」と、、

初めてする経験が目の前に広がっていました。でもその時、自分にとってはすごく“燃える働き方”だなと感じたのです。ちなみに食堂では、寮での食事提供や学生に向けた料理教室、食育を自分で計画し開催していました。

ちなみに、当時は「予防やスポーツ栄養もやりたい」という気持ちも持っていたので、仕事の合間に栄養関連のセミナーや講演会にも足を運んだりして過ごしていましたね。

ーではnoomにはどのようなきっかけでしたか?

転機となったのが、東京への上京です。自分の本当にやりたかった、予防やスポーツ栄養のお仕事をするには東京で過ごした方がいいのではと思い、27歳の時に東京に上京しました。

東京に来てからは、フリーランスとして、派遣で飲食業界に関わったり、社員食堂の運営やメニューの考案をしながら働いていたら、noomでライフスタイルコーチを募集しているのをたまたま見つけ、興味があったので応募しました!

今では、大学生対象にスポーツ栄養指導を行ったり、セミナーを開催したりというのもフリーランスとして行っています。

ー実際にnoomに入社してみていかがですか?

ライフスタイルコーチとしてのお仕事は、リモートの環境でも取り組めるので、逆に自分の自由な時間が作りやすくなったと思います。どの場所でもパソコンさえあれば仕事ができるので。

自分の時間を上手くコントロールできるからこそ、やりたい事にも取り組みやすい環境にいるなと感じます。

ーnoomに入社して変わったことはどんな事ですか?

自分の日々のスケジューリングができるようになりました。性格上「できない仕事もまずはトライしてやってみよう」と思うことが多かったのですが、noomでの仕事を通して、自分のできる事やできない事、やりたい事をしっかり把握できるようになりました。引き受けた仕事は自分で責任を負うということですね。

ー最後に、今後の目標を教えてください。

自分と関わる人が健康であって欲しい

私がいつも意識していることは、”自分と関わる人が健康であって欲しい” ということです。そのために、今考えているのが、まずは自分の身の回りからということで地元の広島を活性化させたり(地域の働くスタイルの変革なども)、栄養士の活躍する場を増やす担い手になることなど、、

noomでのライフスタイルコーチもですが、私を出会うことでその人の人生を変えられるような人でありたいですね。


こんな素敵なメンバーが働くNoomに魅力を感じた方、私もぜひ参画したい!と思った方、以下よりぜひご応募お待ちしております🍀

▼ Noom 採用情報はこちらから

▼ Noom 行動変容プログラムはこちらから