• blog
  • ブログ
  • フィットネス業界の第一線で活躍するトレーナー、新たな挑戦。

フィットネス業界の第一線で活躍するトレーナー、新たな挑戦。

長年フィットネス業界で活躍されてきたYukaさん。

なぜnoomでライフスタイルコーチとして新たな挑戦を決断したのか💡その背景に迫ってみましょう。

ーYukaさんのnoomにジョインする前のエピソードを教えてください。

私は元々運動に興味がある学生でした。それは、運動教育に熱心な学校に通っていた事や、中高時代はバスケットボール部に所属していたからかな。

高校卒業後も大学では社会体育学部で学び、その後は、大手フィットネスクラブに就職してジム経営事業に3年程度関わっていました。そこでは、ジムインストラクターを経て、アクアビクス、プール指導やエアロビクス指導、マシン指導やフリーウエイトの指導の経験をし、フィットネスに対する知識や経験を増やしていきましたね。その後は、加圧トレーニングピラティス、ストレッチやリンパマッサージも行うパーソナルトレーナーとして6年活動してきました。その中ではモデルさんやアーティストの方、女優さんのボディーメイクも手がけていました。

ーその中なぜnoomに参画しようと思われましたか?

経験を重ねていく中で、自分は「もっとジムに行ったことがない人や知識をあまり持っていない人とも関わっていきたい」という気持ちが強くなってきたのです。トレーナーとして働きながら、幅広い層の人と関わり、食事と同じくらい大事な生活運動を広めるのも自分の役割だと思った時に、noomに出会いましたね。ITを利用しながら、多くの方と関われる事業に魅力的を感じました💡

今では、パーソナルトレーナーやnoomでのライフスタイルコーチをやりながら、ゴルフスタジオの経営相談や企業のフィットネス相談、海外のフィットネス用品を日本に導入する際に企画やサポートなどにも取り組んでいます。

ダブルワーカーとして、noomで働くとは。

実際に多くの仕事を掛け持ちしていく中で、noomで働くという部分にリアルに迫ってみましょう🍀

ー仕事はどのようにメリハリをつけていますか?

私は子供もいるので、朝/昼/夜とnoomの仕事を行う(コーチングやメールの確認など)時間を予め決めて取り組んでいますね。なので、プライベートの時間もしっかり確保できるようにスケジュールを組んでいます。

ーnoomの仕事で難しいところはどんなところですか?

私が担当しているコーチングのお仕事で難しいと感じるのは、

「オンオフの切り替え」です。

ユーザーさんがどんな事を伝えてくれるのか、相談してくれているのかが気になり、たまに仕事の切り替えができない時があります。メリハリをつけて取り組むことの大事さも感じつつ、これは私の今後の課題ですね😌

また、自分が仕事をしようと思った時間に子供が起きたりしてしまうと、時間を作るのが難しいです💦そんな時は、コーチングのルールを破らない範囲に、臨機応変に取り組みますね。ちなみに、このような悩みをなるべく一人で抱え込まずに打ち明けられる環境もnoomにはあるので、そこまで重く考えずに気持ちを楽にすることもできると思います!

ー最後に、Yukaさんの今後の目標を教えてください。

①フィットネス業界をもっと広めていきたい

②noomで生活運動について広めていきたい

この2つが今後の目標ですね✨


▼ Noom 採用情報はこちらから

▼ Noom 行動変容プログラムはこちらから