• blog
  • ブログ
  • 健康的な生活習慣にもつながる?!ポジティブな自己イメージを持つための15のヒント

健康的な生活習慣にもつながる?!ポジティブな自己イメージを持つための15のヒント

自己肯定感(自分を知り、自分を認めること)は人生の設計図となります。様々な状況への対応方法、人間関係はあなた自身の意見に基づいています。多くの人は、自分はつまらない人間、自分は幸福と成功を持つ価値がない、または自分は社会から与えられている基準に合えていないなどの考えに囚われてしまうことがあります。

もしあなたが自分に対してネガティブなイメージを持っているのなら、これらのどれかを感じたことがあるかもしれません。

  • 自己喪失感
  • 必要以上に申し訳なさを感じる
  • 他人を傷つけないか必要以上に心配する
  • 失敗を恐れる
  • 自分に価値を見出せない
  • 他人も自分も信じられない
  • ネガティブな独り言や態度が多い
  • 自己管理ができていない

逆に、自分に対してポジティブなイメージを持っているときは、以下のように感じているのではないでしょうか。

  • 自分がいる環境が心地良いと感じている
  • 自分がしたいことが明らかで、人に流されない
  • はっきりと「 No 」が言える
  • 困難や課題を乗り越えられると確信している
  • やりたいことや叶えたいことがある
  • 更に上を目指して新しいことにチャレンジしようとする

せっかくなら、自分にポジティブなイメージを持って生活していきたいですよね。そこで、自分に対してポジティブなイメージを持つための15のコツをまとめました。

  1. 思い込みをやめてポジティブな独り言を言ってみる。
  2. 常に自信を持ち、自分を褒める姿勢を忘れない。(挫折しないで!)顔を上げて、胸を張って、笑顔で!
  3. ポジティブな感情を体で表す。(あなたがありのままのあなたで心地よさそうに見えると、相手もポシティブに答えてくれます。)
    • 直接目を見て話す
    • 姿勢を正す
    • そわそわしない
    • 腕を組まずに楽な姿勢でいる
  4. 自信のある話し方をする。(大きすぎず、やわらかすぎず、単調に聞こえないように抑揚をつける)
  5. リラックスした状態で、ポジティブな自分をイメージする練習をしてみる。
  6. 自分と他人を比べることをやめる。あなたと同じ人は一人としておらず、あなたは他の誰でもないあなたです。誰もがそれぞれの自分自身の道を歩んでいくのです。
  7. 落ち着いて合理的な考え方をする。自分が混乱していると感じたときは、三回深呼吸して心を落ち着けてみましょう。
  8. 自分の向かっているゴールを意識し、たとえ小さなことでも自分の成功を認める。
  9. 新しい趣味やアクティビティにチャレンジしてみる。
  10. 身だしなみを整える習慣を身につける。これは足、手、口臭や肌のケアなど色々なことを含めます。
  11. 失敗したときは、そこから学び、自分を責めることはやめる。
  12. 自分の良いところや達成したことを書き出し、いつも見えるところに貼る。
  13. 手持ちの洋服を、状態がよく、自分に似合う鮮やかな色で、個性を出せるお気に入りのものにする。
  14. 自分の価値観・大切にしていることを大切にして生きる。他人に左右されずに自分のあり方を貫いてください。そうしないと自己イメージが崩れてしまいます。
  15. 毎日練習する!自己肯定感や自分に自信を持つことは、毎日練習して習慣づけないとできるようになりません。

これらができるようになるまでは、自信を持っている“フリ”をしないといけないこともあるでしょう。

古典的な自己啓発本 “ Psycho Cybernetics ” の著者 Maxwell Maltz によると、「健康的な生活習慣とポジティブな自己イメージはつながっており、良い習慣がある人はたいてい良い自己イメージを持ってる」と言っています。ですから、自己管理をして健康的な選択をすることは、自分に対してよりポジティブなイメージを持つことができると言えます。

もし Noom のプログラムを続けてより良い習慣を身につければ、鏡に映る自分よりも更に素敵な自分の魅力に気づくことができるかもしれません。

今回ご紹介した15のコツの中から一つだけでもいいので、それを毎日実践してみてください。そうすればあなたの自己イメージはどんどんとポジティブなものになっていくはずです。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちらから