• blog
  • ブログ
  • 心の傷から立ち直るための4つのヒント

心の傷から立ち直るための4つのヒント

大きな喪失、困難、変化を経験したとき、悲しみや辛い経験は苦痛でしかないかもしれません。こうした辛い人生のイベントは突然、予期しない形で起こりえます。また、それらは痛みを伴うプロセスだったり、長期間にわたるものの可能性もあります。心に痛みを感じるときはストレスレベルが上がり、健康に良いことを意識するのは難しくなり、優先順位が低いものの一つになっていしまいがちです。

もしそういう状態になってしまったら、健康にもう一度目を向けるためにこれらの方法を試してみましょう。

1, サポートシステムを頼ってみましょう

愛する人と時間を過ごしたり、誰かと交流することは、健康の維持に役立ちます。

友達に電話をしてみたり、地域のコミュニティーに参加したり、似たような辛い経験を持つ人とオンラインのメッセージを通じてやりとりしてみましょう。もしかしたら、あなたが最初に想像しなかったようなサポートを見つけられるかもしません。辛い時には助けを求めたくなるものですよね。そんな時に、あなたの状況を整理してくれる人も見つかるかもしれません。あなたが必要としていることやそれを受け入れてくれる人にサポートを頼んでみましょう。

2, 基本的なセルフケアを行いましょう

ストレスが高く、感情が高ぶっている時はダイエット目標を達成するのが難しいかもしれません。満足感を得るために食べ物に逃げたくなることもありますが、これはあなたの感情をさらに悪化させてしまう原因にもなります。

そんな時は、自分自身に優しくなり、もっとポジティブな方法で自分の感情を処理してみましょう。バランスのよい食事を食べたり、たくさん水を飲んだり、同じ時間に寝るように努力してみましょう。そうすれば、健康で強い身体を保つだけでなく、精神的・感情的な疲れを癒すことができます。

3, 人生に楽しみと生きがいを見つけましょう

これはあなたにとって新しい日常になります。徐々に気分が良くなり、今日一日を少しだけ喜びをもって過ごすことができます。

あなたが好んでやりたい何かは、すぐには終わらないことかもしれません。5分またはもう少しの時間何かをするために予定を空けておきましょう。例えば、日記をつけたり、瞑想してみたり、散歩してみたり、塗り絵をしてみたり、工作してみたり、読書してみたり、コンピューターゲームをしてみたり、お気に入りのドラマの再放送を見たり。これらは、リラックスするためだけでなく、自分自身を見つめなおすうえでとても素晴らしい方法です。

もし時間があればボランティアもまた、他人と繋がり、人生に深い目的を持たせるうえで素晴らしい方法です。その結果、自分の幸せをもう一度中心に置いて活動することができるようになります。

4, 焦らずゆっくりとで大丈夫!

どんなに望んだとしても、私たちは地球を揺るがすような辛い経験を無視することはできません。人生には私たちがコントロールできないたくさんの側面があります。

そのような辛い状況で無気力感を覚えると、落ち着かなかったり、イライラするかもしれません。しかし、重要なのはそれらの感情と向き合い、これらが自然な感情であると知ることです。心を痛めて焦ってしまってはいけません。身体に怪我をしたときのように、感情の痛みも癒えるまでに時間がかかります。自分がどんな感情を抱いているかを感じて、処理する時間を取りましょう。あなたの身体と心は、この時間を必要としているはずです。

▼Noom 行動変容プログラムはこちら