• blog
  • ブログ
  • 自由な時間を健康のために活用するための3つのヒント

自由な時間を健康のために活用するための3つのヒント

忙し過ぎて健康に気を遣う余裕がない…と思ったことはありませんか?しかし、実際に自由な時間が増えたとしたら戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

例えば長期休暇や退職後、いざ自由な時間ができると思った以上にその使い方に困ってしまうという経験はありませんか?その理由は、それまでの慣れ親しんだ生活リズムが崩れてしまうからです。そして、選択肢がたくさんありすぎると困ってしまうこともあります。この記事では、自由な時間を健康のために活用する方法をご紹介していきます。

1, 計画を立てましょう

新しい生活スタイルに移行する際に重要なことは、しっかりと計画を立てることです。ではどのようにして、新たにできた時間を自分の健康のための習慣として組み込めばよいのでしょう?

スケジュールを変える前に、新しい生活スタイルに関するビジョンを明確にしましょう。どのようなチャレンジの必要が予想されますか?もちろん、起こること全てを予測することは不可能ですが、起こりうる困難にどうやって対処するかを考えることは、成功への鍵となります。

2, 新しいルーティンをつくりましょう

健康的な睡眠、運動、食事を継続するためには、ルーティンを持ってリズムを作ることが効果的です。毎日全く同じことをする必要はありませんが、ある程度決まったリズムで過ごすようにしましょう。新しいルーティンを考える際、今までの経験を振り返って効果のあったことを思い出して、それを新しい生活スタイルに組み込むようにすると良いでしょう。

3, 自分の心の状態を把握しましょう

自分が今どういう気持ちでどのような考え方をしているのかを把握しましょう。例えば夏になると、多くの人が夏休みをゆっくり過ごし、バーベキューをして、毎日アイスクリームを食べて過ごすかもしれません。一方、もしかしたら、失業中でストレスが溜まってやけ食いをしている人もいるかもしれません。あなたが今どのような気持ちでいるにしろ、まず、自分の中でどんな感情や考え方の歪みが起きているかを把握することが大切です。

自分が直面している状況がわかれば、どのように対処するかを考えることができます。食べること以外の活動でストレスをコントロールするにしても、休暇中にバランスの取れたアプローチを達成しようと努力するにしても、自分に影響を与えるあなた自身の考え方をうまく調整しましょう。

生活スタイルが変わる時というのはどうしても健康の習慣が乱れやすいものです。自分のルーティンを新しい生活スタイルにどう組み込むかを考えることで、うまく新しい生活に移行することができます。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら