• blog
  • ブログ
  • 「今すぐ〇〇したい!」という欲求に負けないための5つのヒント

「今すぐ〇〇したい!」という欲求に負けないための5つのヒント

インスタント・グラティフィケーションという言葉をご存知ですか?直訳すると「瞬間的な (Instant) 満足感(Gratification) 」となります。例えば、「見たい」「知りたい」「食べたい」「読みたい」「聴きたい」などの欲求が、「欲しいと思った時に、今すぐそれを得たい!」と思う消費者欲求のことをさしています。

人間は、もともとこの欲求を持っていると言われていますが、最近ではスマートフォンやソーシャルメディアの普及によって私たちがその欲求を我慢できる時間が短くなってきているという調査結果も出ています。

例えば、予定していたヘルシーな食事のかわりにファストフードを食べたいという欲求に負けてしまったことはありませんか?ランニングマシンに乗るかわりにソファの上ににドサっと落ちてしまったことはありませんか?もちろん、こうした選択は瞬間的には気持ちの良いものですが、そもそもなぜヘルシーな食事を用意したり、ジムへ行く計画を立てたのかの理由を忘れてはいけません。

インスタント・グラティフィケーションの衝動を抑えるのは難しいかもしれませんが、そんな時はこれらの5つのヒントを思い出して、瞬間的な満足感を求める衝動に駆られるのを克服したり、その衝動を遅らせてみましょう。

1, あなたのもともとのモチベーションと理由を振り返りましょう。

自分の意志が弱くなっているとき、どうしてその行動を始めたのかを振り返ることはとてもおすすめです。成功するために何がモチベーションになりますか?あなたの大切な人に自分の目標をシェアしておくのも良いでしょう。あなたと同じような挑戦をしている人と繋がってみることも効果的です。そして、物事を大枠で捉えると、小さなハードルを乗り越えやすくなります。

2, ひと休みしましょう。

自分の努力を疑問視したり、自分の進捗についてネガティブな感情を抱き始めたときは、休憩を取りましょう。物思いにふけるのではなく、自分をケアするために時間を取って、今までの自分の行動を振り返りましょう。リフレッシュできて再開できそうだと感じれば、よりポジティブな方法であなたの最終的なゴールに向かって努力できるでしょう。

3, 計画を立てましょう。

誘惑はどこにでも潜んでいます。例えば、次のポットラック(持ち寄りパーティー)や今週末の友人との予定のときに、食べすぎないように意識できるでしょうか。例えばスーパーに行ったときや、子どもたちのスナックのある食器棚と通り過ぎるときのような習慣的なタスクでさえ、減量に挑戦している方にとっては、チャレンジングな経験と感じるかもしれません。

あなたのバースデーは毎年祝われ、スーパーでスナックが陳列されている通路は無くなるものではないので、このような状況でのプランを考えてみましょう。複雑なものや、完璧なものである必要は全くありません。ただどのようにそれらの誘因に対処するのかについて現実的に考えてください。あなたが満足できるだけでなく、実際に達成できる健康的な食べ物の境界線と自分自身の具体的な目標を作りましょう。

4, あなたの想像力を使って新しいことに挑戦してみましょう。

私たちは頻繁に瞬間的な満足感を追い求めてしまいます。というのも、私たちは深い感情を持つのを避けているからです。あなたの長期的な目標が達成するのに長い時間を必要とする場合、その過程を信じたり忍耐力を保つのは難しいと感じるかもしれません。

欲求を遅らせることは、瞬間的な幸福よりもずっと満足感があります。その一方で、今すぐに満足感を得たいという気持ちが湧いて来ることも自然なことです。そんな時は、物事を外側から考えてみて、あなたの生活の中で今の喜びを見出す新しい方法を見つけてみましょう。新しい趣味を探したり、お気に入りの過ごし方を探したり、あなたが一生ものの健康目標を目指す中で、いくつかの瞬間的な幸せを探しているのなら、選択肢は数えきれないほどあります。

5, 良い習慣を続けてみましょう。

一度にたくさんの変化に挑戦してみたり、たくさんの要求にエネルギーを費やすと疲れてしまい、自分の時間を奪われたように感じたり、いっぱいいっぱいに感じてしまうことがあるかもしれません。もし、成功したいのであれば、変化に徐々に慣れるように時間を取ることをおススメします。

最後に知っておいていただきたいことは、Noom はダイエットプログラムではありません。Noom は行動変容プログラムです。

持続可能な変化を選択することは、一生ものの健康的な習慣を作ることに繋がります。それは簡単な事ではないかもしれませんが、あなたにとって新しく、健康的な習慣を実践すればするほど、ストレスを感じている時や誘惑に負けそうな時に「お手軽な満足感」ではなく「一生ものの健康的な習慣」を選択できるようになっていきます。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら