• blog
  • ブログ
  • 【Coach インタビュー】健康的な生活を続けるために大切にしたいこと。リバウンドしないためのヒント

【Coach インタビュー】健康的な生活を続けるために大切にしたいこと。リバウンドしないためのヒント

行政の保健師として、多くの人の健康をサポートする分野で経験を積んできたYコーチ。現在は、子育てをしながら Noom のコーチとして活躍中です!「減量した後の人生も Happy に過ごしてもらいたい」という強い想いを持つYコーチに、リバウンドしないためのヒントをインタビューしました。

<プロフィール>
学生時代、病気を予防する分野の仕事があると知り、医療系大学へ進学し保健師を目指す。卒業後は、行政の保健師として特定保健指導や健康教室の開催など幅広い業務を経験。産後に復職できる環境が整わず退職してしまったが、切望して掴んだ保健師という仕事を子育てをしながらできる環境はないか探している時にNoom に出会い、「行動変容を通じて健康的な生活を提供する」というミッションに共感しジョイン。

ーユーザーさんから寄せられるリバウンドに関するお悩みはどんなことがありますか?

「以前、ハイペースで減量してリバウンドした」「がまんの反動で食べすぎた」という声をいただくことがあります。

せっかく頑張って減量したのに、リバウンドしてしまうのは悔しいことですよね。リバウンドを防ぐために、①減量後の将来像を具体的にイメージすること②自分にとって何のための減量なのか考えること、が大切だと思うので、減量後は、どんな風に生活したいのか?今の生活は継続可能か?等、お聞きするようにしています。

お聞きしてみると、そこまで考えてなかった…という場合も多いのですが、そこにフォーカスを当てることで、身体に無理がかかったり、リバウンドすることが少なくなるように感じます。

健康的な生活を自分のものにしていただいて、目標を達成したあとの人生もHappyに過ごしてもらいたいと願っています。

ーY コーチが思う、長期的な目線で減量を考えることのメリットはどんなところだと思いますか?

1つ目は、健康的な習慣を自分のものにしやすく、続けていけるということ。

2つ目は、無理な食事制限をしないため代謝が落ちにくいということ。

3つ目は、心身に負担がかかりにくいので、反動で暴食しにくいということ。

4つ目は、日々のちょとした体重変動に一喜一憂してストレスがかかる、ということを避けやすいということです。

ハイペースな減量で心身に大きく負担がかかったり、リバウンドしてしまうことを避けるためにも、じっくりよい習慣を定着させていくことは、とても重要なポイントだと思います。

ーなかなか長続きしない…リバウンドしてしまう…という時に大切にしてもらいたいポイントはどんなことでしょうか?

まずは、今取り組んでいる減量方法が辛くないか、自分に正直に聞いてみて欲しいです。身体はもちろん「心」も両方が喜んでいるのか?という視点で、自分なりの方法を探していくのがポイントかなと思います。

例えば、ストレスを感じた時に食べることでストレス解消をするということがあると思いますが、食べることで心も満足できているのか?と考えてみると、そうではないですよね。本来のストレス解消は、好きなことを楽しんだり、自分がリラックスできるようなことを選ぶことだと思うので、自分を痛めつけないようなストレス解消法を選べるように、自分に優しい選択ができるようになって欲しいので、その方法を考える機会にしてもらいたいです。

特に頑張りやさんのユーザーさんは「減量=大変なこと」と思い込みがちです。でも、減量は健康な習慣を身につけて、身体も心も元気になっていくポジティブな過程だということに気づいてもらえると嬉しいです。

ー健康的な生活スタイルを手に入れたユーザーさんについて教えてください。

4ヶ月で約10キロの減量に成功されたユーザーさんがいらっしゃいます。自分にストレスがかかりすぎない方法を選択できており、減量目標も達成されました。

甘いものが好きな女性は多いと思いますが、こちらのユーザーさんは、1日の中で頑張るところ、自分へのご褒美のメリハリを上手に切り替えられていたのがとても良いところだと思います。

例えば、たくさん歩いたからといってご褒美にたくさん甘いものを食べるということではなく、もし食べるとしても食べるもののカロリーをチェックして、コントロールしながら楽しまれていました。

そういったことが日々できるようになるためには、心の安定や、自分が続けていきたい習慣を明確にすることも大切だと思うので、その点も意識しながらサポートさせていただきました。

自分にストレスのない方法を上手に選択されたユーザーさまからのメッセージ。※ユーザーさんの許可をいただき、掲載させていただいております。


こちらのユーザーさんは、長い目で生活改善・体重の推移を捉えていかれることで無理なく減量しつつ、その後も健康的な生活スタイルを定着させていらっしゃいました。そして、良い生活スタイルが自分のものになった!ということでHappyな卒業を迎えられました。


ー子育て×仕事と忙しい中でのコーチのリフレッシュ方法について教えてください。

幼稚園の娘と、2歳の息子がいるので、家で仕事をしているからこそ、メリハリをつけて、子供と思いっきり遊ぶ時間を作るようにしています。自分のためというのはもちろんですが、家族のためにもその時間は大切にしています。

他には、自分だけの時間をしっかり確保することも意識しています。例えば、息子を連れてお散歩に行き、寝たのを確認してから…(←ここが重要なポイントです。笑)抱っこしたまま、カフェに入りコーヒーを飲みながら好きな雑誌を読んでみたり…ほんの一瞬の時もありますが、この時間ができたら楽しむようにしています!

他には娘も巻き込んで、一緒に掃除や断捨離をしてスッキリする達成感を感じたり、友人とおしゃべりを楽しんだりすることでリフレッシュしています。

最近は、娘さんもピアノの練習をスタート!一緒に演奏を楽しむこともリフレッシュにつながっているそう。

ーNoomコーチのやりがいを感じるのはどんな時ですか?

今ままで、「だめだ」「どうせ」と言っていたユーザーさんから「こんなことができた」「私でも変われる」と前向きな言葉を聞けた時、「やったー!気づいてくれた!!」ととても嬉しくなります。

どの方もみなさん、確実に何かしら前進しています。その人なりの階段を登り始めたことに気づいてくれる瞬間に立合える時はやりがいを感じます。

最初は私の方から「以前はこうでしたが、今はこうですね!」と変化を具体的に伝えるようにして、徐々に自分で考えてもらう機会を増やすようにお声がけしています。自分で気づくことで納得感も増すと思っているので、私からお伝えして一緒に喜ぶこと、ユーザーさん自身で気づいてもらうことのバランスを大切にしながら声をかけるようにしています。

ー最後に、今後のNoomでの目標があれば教えてください。

ちょっと壮大すぎるかもしれませんが…笑 Noom と出会って良かったと思えるユーザーさん、一緒に働く仲間が増えていくことが目標です。

私は、Noom の健康的な生活習慣を身につけるためにその人の人生や健康を応援するという姿勢がとても好きです!

ただ体重を落とすことをサポートしているわけではなく、それぞれのユーザーさんにとっての幸せは何か?減量後も心身ともに健康的な生活をしてもらうための、その方なりの生活習慣はどんなものか?を一緒に考え、サポートしていくNoom のサービスを是非色んな方に知ってもらいたいです。

そして Noom のサービスを通して、より多くの人に、自分の心身の健康について考えてもらうきっかけや、本当の意味で自分を大切にするとは何かを考えるきっかけを提供できたらなぁと思っています。そういう考えが広がることで、「予防」の考え方がもっと私たちの生活の中に定着するのでは?と思っています。

個人的には、社内でも文章、Zoom(TV会議)でのコミュニケーションがメインなので、伝えたいことをもう少し単刀直入に伝えられるスキルを磨きたいです。どうしても遠回りしながら伝えてしまうところがあるので、限られた時間の中で伝えたいことを的確に伝えるスキルを身につけたいです。

〜インタビュー担当より〜
減量後にも続く人生を楽しむこと。減量中はついつい忘れてしまいそうになりますがとても大切なことですよね。予防の分野で多くの人の健康をサポートしていきたい!という強い想いを持つY コーチだからこその寄り添う視点から、大切なことを思い出すきっかけになるインタビューの時間でした。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら

▼ 【ライフスタイルコーチ&カスタマーサポート募集中!】Noom 採用情報はこちら

▼会社の雰囲気や社員の取り組みなども紹介中♪Wantedly もご覧ください。