• blog
  • ブログ
  • 完璧主義から解放されるためのヒント

完璧主義から解放されるためのヒント

「完璧」であることと、「ほぼ完璧」であることにどんな違いがあると思いますか?なぜ多くの人は「ほぼ完璧」では満足しないのでしょうか。

研究者であり作家の Brené Brown (ブレネー ブラウン)は、完璧主義であることとベストを尽くすことの大事な違いを示しました。ベストセラーである The Gift of Imperfection(日本語訳本:「ネガティブな感情」の魔法)の中で、彼女は「完璧主義は、『もし人が完璧な見た目で、完璧な行動をとり、完璧に生きれば、他人から非難されたり恥をかくことはない』という考え方である。それは盾で自分を守ろうとしているだけだ。むしろその重い盾は飛び立つことを妨げている。」と述べています。

自分の欠点を受け入れ本物の自分になることができれば素晴らしい結果がついてきます。自分を受け入れるというのは:自分の価値を高め、心配事を減らし、失敗への恐怖を減らして喜びを増やすこと。今日から、自分の不完全だと思っていた部分を自分の魅力として捉えてみませんか?夢や目標に向かって行動をとるのに完璧な状況や完璧なときが来るまで待っているより、ずっと良い結果が得られるでしょう。

そこで今回は、自分の欠点を受け入れ、完璧主義から脱するための様々なヒントを紹介します。

  • 他人のためでなく自分のために生きる
  • 自分の気持ちに正直になる
  • 自分の弱みを強みに変える
  • 感謝の気持ちを常に持つ
  • 自分の短所も心に留めつつ、長所に目を向ける
  • 成長の過程を楽しむ
  • 常に逆境に立ち向かう
  • 時にはソーシャルメディアと離れる
  • 自分を思いやる気持ちを持つ
  • 達成したことをリストアップする
  • 気難しく考えすぎない

最後に、完璧であることは不可能だと言うことを覚えておいてください。ある記事の中でこんな素敵なことを教えてくれています。

「完璧であろうとすると、社会の中で本当の自分を見失って、自分と異なる人物や決してなることが出来ない人物を目指してしまいます。そうではなく、自分の世界の中心に立って自分にしかない良さで周りを照らすことが素晴らしいことなのです。」

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら