• blog
  • ブログ
  • モチベーションをキープするためのポイント

モチベーションをキープするためのポイント

もしモチベーションが簡単に手に入り、サプリのように店頭で買えて朝飲むだけで効果のある錠剤だったら…もしそうなれば、私たちはより何かに熱中できて、打ち込めるようになり、より多くのことを成し遂げられるようになって、世界はもっと幸せで生産的な場所になるのに…ちょっと大げさですが、そんなことを考えてしまったことはありませんか?

モチベーションに関しては、誤解されていることも多く、この記事では真実を明らかにしていきます。今から紹介するポイントは Noom で自分が設定した目標の見通しを立てることに役立ちます。そして Noom 以外で立てた目標にも応用できます。

モチベーションが低いときに、誰かが自分のモチベーションを上げてくれるはずだと思ったり、自分以外の人にモチベーションを上げてもらおうという間違いに簡単に陥ってしまいがちす。しかし、自分自身で待ち望んでいる持続可能なモチベーションは、自分自身で得ることが可能です!もし、自分の目標に対して継続的なモチベーションが欲しいのであれば、誰かのガイドなしで、目標を達成するための実用的なポイントをあらかじめ知ったうえで目標達成に取り掛かる必要があります。いくつかのコツは科学的な結果に基づいており、他のコツは Noom のユーザーの皆さんの実践に基づいたものです。

1, 日々のリマインダーを設定する

自分の目標をノートに書き出し、毎日見れるところに置いておきましょう。今まで目標を立てて1週間後にそのことをすっかり忘れてしまっていた経験はありますせんか?これは誰もが陥りがちなことですが、もし目標達成までの道のりがいつでも確認できたら、私たちの脳にとってのリマインダーとなり、リマインドされることによって達成への道のりを継続的に歩み続けられます。

2, 「やらないといけない」を「やる機会がある」に置き換えてみる

脳は「やらないといけない」と感じたときに強制された感覚を覚えてしまい、そのことをやりたがらない可能性があります。しかし、タスクをとらえる際の言葉のチョイスを変えた場合、「やらなければいけない」から関心をそらし、行動によって得る利益に目を向けてみましょう。そして、脳は抵抗するかわりにタスクを楽しんでくれるようになります。次は、「私は~しなければいけない」ではなく、「私が~することを選んだ」という考えるようにしましょう。どのような違いが出てくるか想像できますか?

3, 日々のルーティンを築く

コロンビア大学の研究によると、意思決定をする力が低下している時、1日の終わりよりも1日のはじめの方がモチベーションは高い傾向があります。では、あなたのモチベーションを邪魔する決断をしてしまうことによる疲弊を防ぐために何ができるでしょうか?それには、目標達成のためにあらかじめ決まっていたルーティンをしっかり築く必要があります。計画を立てて、ルーティンを築きましょう。また、可能な場合は、気をそらされるものを排除するためにベストを尽くしましょう。たまには No と言って自分のルーティンを優先させてもいいのです。

4, 家族や友達に協力してもらう

何があなたのモチベーションを高めてくれますか?あなたの脳を幸せ又はネガティブで懐疑的な考えで満たすことでしょうか?もしあなたが減量目標に対してワクワクしているのであれば、あなたの家族や友達があなたをサポートしてくれたときにもモチベーションは上がるでしょう。あなたがたくさんの友達に囲まれたり、同じ減量に向かって頑張るコミュニティーに参加すれば、自分自身の減量目標に対して責任を持てることが多く、モチベーションも保ち続けることができます。計画を一緒に実行できる仲間と取り組んだことを、友達や家族にシェアしましょう。このようにして、多くの Noom ユーザーの皆さんがモチベーションを保ちながら、計画を実行し続けてきます。

私たちはより多くのユーザーさんの声をお聞きしたいと思っています。目標を達成するためにどのようにモチベーションを保っていますか?ぜひ、あなたの声を聞かせてください。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら