• blog
  • ブログ
  • 【コーチインタビュー】心と身体に良い行動につなげるために、まず取り入れたいこととは?

【コーチインタビュー】心と身体に良い行動につなげるために、まず取り入れたいこととは?

<R コーチ・プロフィール>
大学病院で約10年間看護師として精神科や血液内科、外来など現場での経験を積む。仕事へのやりがいはもちろん感じていたが、産後、家族との時間を大切にしたいという思いもあり、転職を決意。現在は、ユーザーさんのコーチングの他、コーチのグループをまとめるトライブリーダーとしても活躍中。

ーユーザーさんから寄せられるお悩みはどんなことがありますか?

お食事や運動面での相談はもちろん、ストレスから食べてしまう、職場や人間関係でのストレスを感じる、良い習慣が続けられない…などメンタル面のご相談をいただく機会も多いと感じています。

そんな時には、まず「自分を客観視する」ということについて、お話をさせていただくことも多いです。

ーR コーチが思う、「自分を客観視する」メリットはどんなところだと思いますか?

例えば、「ストレスで食べてしまった→後悔」ではなく、まず「ストレスがあると自分は食欲が増す」といったことに気づくことが大切です。気づくことで、行動に繋がるからです。そうやって自分の傾向に落ち着いて向き合うことで、「じゃあどうしたらいいんだろう?」と、具体的な次の“行動”に繋がりやすくなります。

ストレスの原因が人間関係なら、そこで工夫はできないか?ストレスの対処を食べる以外に持っていく方法は?食欲が増すなら低カロリーなおやつにシフトできないか?といくつも行動を考えることができますよね。

自分の気づきと客観的に向き合うことで、後悔というマイナスな感情で終わるのではなく、ポジティブに具体的な方法を考えていけるのが良い点だと感じています。

Noom のプログラムでは、コーチと一緒に会話していく中で、気づく→一緒に行動案を考えるところに繋がっています。コーチにメッセージを送る文章を考える作業で、自分の傾向に気づくことができます。私たちは、「答えはユーザーさん自身が持っている」ということを大切にしながら、お一人お一人と向き合うことを大切にしています。

ー「自分を客観視する」ときに大切にしてもらいたいポイントはどんなことでしょうか?

まずは、怒りの感情もイライラの感情も、「ありのままの自分」として一旦受け入れることです。こんな時ほどなかなか難しいものですが、そのお手伝いをするのもコーチの役割だと思っています。まずは、シンプルに「わたしは今イライラしている」と頭の中で言葉にするだけでもOKです。1回このプロセスを踏めると、次は自分一人でもできるようになると思いますよ。

ー「自分を客観視する」ことに成功されたユーザーさんの Good 事例あれば、教えてください。

最初は運動はせずに、食事だけで減量しようと考えていた方ですが、気づいたら運動を取り入れるように変化されたり、ストレスマネジメント、人との関わり方にも変化があり、自分を大切にできるようになった方がいらっしゃいます。

もちろん、減量も順調に進んでおり、現時点で約10キロの減量にも成功されています!

「勧められたことをなかなか断れない…」というご相談をいただいた時には、アサーショントレーニングについてご紹介させていただき、早速実践されていました。

※ユーザーさんの許可をいただき、メッセージのやりとりを掲載させていただいております。

ーNoom コーチのやりがい&今後の Noom での目標を教えてください。

コーチというお仕事は、ユーザーさんを成功体験に導くお手伝いをすることです。ユーザーさんとのやりとりを通して、成功があれば私も嬉しいし、感謝の言葉にこちらが励まされることも多々あります。

感謝の言葉や変化されていく姿を見ていて、嬉しくなり、時々、パソコンの前でニヤニヤ笑っている自分にふと気づきます。笑

そして、ユーザーさんだけでなく、自分の健康・考え方にも影響のあるお仕事なので、やりがいは大きいです。また、そんな働くママの姿を自宅で子どもたちに見せてあげられるのも、素敵なことだと感じています。

今後の目標はわたし自身がパイオニアとして、働きやすい環境づくりや、ユーザーさんやコーチにとって良いシステムなどを積極的に考えていきたいです。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら

▼ 【ライフスタイルコーチ&カスタマーサポート募集中!】Noom 採用情報はこちら

▼会社の雰囲気や社員の取り組みなども紹介中♪Wantedly もご覧ください。