• blog
  • ブログ
  • あなたにぴったりのフィットネスウェアを見つける方法

あなたにぴったりのフィットネスウェアを見つける方法

運動をすることは、もちろん誰かに見せるために行うものではありませんが、自分自身をベストな状態に見せたり感じたりしながら運動することに重きを置くことでモチベーションを保てると感じる方も多いのではないでしょうか。

美しいなと感じるウエアを身につけるのも、自分の個性やスタイルを表すようなウエアを身につけるのも良いでしょう。ただし、究極的には、ジムやハイキングに出かけるとき、ダンス教室に通うとき、新しいフィットネスに挑戦するときに、心地良さと機能が重要なポイントになります。

ワークアウトするときの服を選ぶ際には、布や生地がとても重要で、時には色も考慮に入れる必要があります。アウトドアエクササイズを行うときには、保温機能や接触冷感機能のあるもの、そして光を反射する素材を使ったものなど、機能性のある服がおすすめです。そして、重ね着することも重要なポイントになります。最後に、少なくとも自分に合ったサイズの靴はどんな運動にも必須でしょう。

ワークアウトの服:生地について

はじめに、生地の話をしましょう。ワークアウトの服装の素材は、ワークアウトに大きな影響をもたらします。

例えば、汗を吸収する服と汗をすぐに蒸発させる服ではどちらがお好みですか?通気性や吸湿性のある服は、フィットネス用の服のなかではとても人気があります。しかし、吸湿性のある化学繊維を使った服があまり好きでなく、そうした合成繊維の服と比べて、綿のTシャツやスウェットパンツの方を好む方もいると思います。

ただ、ワークアウトのなかでもホットヨガやブートキャンプのような運動では綿の服が汗を吸って重くなりすぎてしまい、運動しにくくなってしまう可能性もあります。逆に、冬のジョギングやアイススケートなど、より温かい服装が必要になる場合もあります。

ワークアウトの服:フィット感について

フィットすることは最も重要な要素です。

タイトすぎる服を着ると動きが制限されてしまったり、締め付けられたりして、運動時の適切な呼吸さえ妨げられてしまう可能性があります。逆に、緩いパンツを履いてバイクに乗ったときに悲劇を引き起こしたり、ルーズすぎるトップスでバレエのクラスに参加すると、危うく見えてはいけないものが見えそうになってしまうなんてこともあります。

そして、タイトすぎる服と同様に、緩すぎる服でも体を動かしにくい場合があります。ストレッチの利く服は、たいていの場合、動きやすく運動に適しているでしょう。

そして女性の場合、正しいサイズのスポーツブラを身につけることも重要です。

きつすぎるスポーツブラは呼吸に悪影響をもたらしたり、大きすぎるものは胸のまわりの筋肉や腱、結合組織がサポートされず、ケガの原因にもつながります。理想的なスポーツブラは、肩ひもに適度な締め付けがあるものの、きつすぎないものです。細い肩ひもは幅広のひもに比べてサポート力が低い傾向にあります。そもそもスポーツブラを身につける目的は、安定感を得るためと胸の上下運動を減らし、胸へのストレスを軽減させることです。

スポーツグッズのお店やスポーツブラの専門店の中には、あなたにピッタリのサイズで、最も心地よく身につけられるものを提案してくれる場所もあります。スポーツブラが他のフィットネス用の衣服と同様に、目的を持って作られたものだということを覚えておきましょう。

ワークアウトの服:気候について

外で運動する時には、重ね着する必要があるかもしれません。特に冬場には暖かいコートを着たり、天気に合わせてショーツやレギンスを着たり、軽量で熱い日差しの中でも涼しさを保てるようなものや、時間や外の明るさによって、光を反射するような服や明るい色の服を身につけても良いでしょう。

これらは、アウトドアでワークアウトするときに考える必要のあるポイントです。忘れてしまいがちな暗いところでも目立つような服装でワークアウトを行うことは外で運動を行うときには重要なポイントになります。

ワークアウトの服:自信について

ストレスなく着られる服を身につければ、心地よく過ごせますよね。カラーコーディネートを楽しんだり、お気に入りのブランドでのコーディネートを楽しむのもいいですよね。あなたらしく、自分が着たいウエアを着ましょう。

とはいえ、高校時代から持っているオーバーサイズのTシャツやウエイトリフティングするときのようなタンクトップ、穴の開いたスウェットパンツやバスケットボール用のハーフパンツでもエクササイズを楽しめるようでしたら、それらの恰好でも全く問題はありません。

ワークアウトに集中できるようであれば、どんな見た目をしていようと心配は無用です。あなたのスタイルや見た目以上に自分自身のほうが大切です。エクササイズは、あなたが何を着るかということで、あなたの健康や幸福への道のりへ影響を与えることはありません。とはいえ、必要な機能を持った服を身につけることは、目標達成のために努力したり、快適にエクササイズするためには重要になります。

ワークアウトの服:その他について

運動するうえで考慮すべきその他のポイントについてご紹介します。

特別な道具を必要とするスポーツをしようとしていますか?その運動にヘルメットは必要ですか?ケガや障害、身体的な制限によって特別なテーピングや支えが必要ですか?あなたの髪が長い場合、ヘッドバンドが必要ですか?帽子を被ったほうがいいですか?

その他にも、スイムスーツ、ゴーグル、サイクリングシューズ、スピンシューズ、ダンスシューズ、スパイク、ウエイトリフティング用のグローブ、スウェットバンド、決まった形の靴下、野球やソフトボールのミット、ハンティング用の迷彩柄のギア、釣り用の防水ズボン、ひざあて、ウェットスーツ、マウスガードなど、新しい運動やスポーツを始める前に必要なアイテムを調べ、必要なものを揃えましょう。

最後に、どんなフィットネスやワークアウトにおいても、靴は非常に重要です。

あなたがどんなエクササイズやスポーツをしていても、自分の靴のサイズが適切でフィットしていることを確認しましょう。しっかりとした靴を選ぶときにはあなたの優れた識別力が必要になるかもしれません。クロストレイナー用の靴や、ウォーキング用の靴、またはそれ以外のスニーカーが必要かもしれません。そして、特別なクラスを受講する場合は、特別な種類の靴が必要になるかもしれません。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら