• blog
  • ブログ
  • <前半>「人生を切り替える機会になった」8ヶ月で、約29kg の減量に成功した Noomer にインタビュー!

<前半>「人生を切り替える機会になった」8ヶ月で、約29kg の減量に成功した Noomer にインタビュー!

Noom プログラムを活用し、8ヶ月で何と約29kg(!)の減量に成功された小澤さま。小澤さまの身体や心の変化、長期間モチベーションを保つために工夫した点などをお伺いしました。

小澤さま、お忙しいところオンラインでのインタビューにご協力いただきありがとうございました!

<プロフィール> 
お名前:小澤 貴裕さま
年齢:46歳
身長:165cm
以前の体重:87.95kg →現在の体重:58.6kg(4/10時点)※目標体重57.5kgに向けて現在もNoomプログラム継続中

FaceBook : https://www.facebook.com/TakahiroOzawa1973
Twitter:@oz_takahiro3
一般社団法人ファストエイド 共同代表理事
Coaido株式会社 取締役COO

ー減量をしようと思ったきっかけについて教えてください。

精神的にも、肉体的にも苦しかったんですよね…。

私は、消防署の救急救命士(救急隊員)だったので、身体もしっかり動かすけど、その分たくさん食べるという生活でした。その後、救急救命士の専門学校で教員として働いていたのですが、デスクワークを中心にするようになってから少しずつ太り始めました。現在のベンチャー企業に移ってからは、労働時間がさらに長くなり、夜遅くまで仕事をしている生活でプライベートがなく、睡眠も不規則でした。

一時期は90kgくらいあったのではないかと思います。階段の上り下りや日常の移動など全てが辛く感じるようになりました。長時間労働に加えてほぼ外食でした。血圧も普段145〜150mmHg位、時には休日出勤や残業が続き186mmHgを超えたこともありました。

これは自分が救急隊員として搬送していたくも膜下出血など循環器疾患を発症した患者さんと同じ危険な高血圧です。このままでは明らかに自分が重大な心筋梗塞やくも膜下出血で倒れることは間違いないという危機感を持っていましたが、忙しく代わりに仕事ができる人もいないので改善の糸口は全く掴めませんでした。

私は、消防職員時代の経験から、生活習慣病からも起きる、「突然死」を防止するための仕事をしています。しかし、その組織の代表者が事業でフォーカスしているターゲットの疾患で倒れてしまっては全く説得力がない。しかし身体に自覚症状はないので病院ではないし、まずは労働時間を短縮しようと決め、計画を立てました。

そんな時に、Instagram広告でNoomを見つけました。もともと、レコーディングタイプの減量アプリを探していたので、これだ!と思い、その場で有料版をスタートしました。私の場合、無料版だと仕事を優先してしまい、結局だらだら本気でやらない気がしました。AIではなく、実際の人がサポートしてくれる方がサボると申し訳ないし、途中でいい加減にならずに続けると思い、Noomの有料版を開始しました。

ー実際使ってみて感じたNoomプログラムの良かった点について教えてください。

まず、自分の成果がしっかりと形になって見えるところがとても良かったです。

Noomの場合は、目標体重に向かって下がっていくグラフがあります。現在のペースで何月何日に目標値に達するのかが可視化される機能です。これがとても良かった。「このペースを保てば、ここまでいける!」と減量目標が明確になり、モチベーションが高まりました。体組成計との連携も良い機能です。

またNoomの中に、健康に関する記事の配信があるのですが、アメリカ心臓協会(AHA)やメイヨークリニックなど自分が救命士としてよく耳にし、参考にする、信用できる団体が出典元の記事が多くコンテンツの確かさが分かりました。内容は科学的で表現も分かりやすく、とても信頼できるものでした。また、栄養学などで、自分の勘違いしていたところを改めて学び直すことができたのが良かったです。正しい知識を得ることで自分が食材を選ぶ時など明らかに変化が起きました。

もし、記事の内容がよく理解できない、あるいはもう少し情報が欲しい時などには、担当のコーチに徹底的に質問しました。正確な情報を分かりやすく教えてくれたので、理解の助けになりました。

逆に、少し自分に合わなかったところはグループトークですかね。自分は外向的なタイプですが、グループのみんながそうというわけではないのでコミニュケーションが難しかったです。最初は、色々投稿してみたのですが反応が薄め。日本人特有とも思います。仕事も忙しい為この機能はやりきれず、相談してコーチとのやりとりだけにしました。代わりに自分の減量情報を全データSNS公開するというスタイルに切り替えました。

SNSに身長体重や血圧、服のサイズなど全ての情報を全公開しました。これが継続するモチベーションになりました。また応援の声もたくさんもらえてやる気がアップしました。引くに引けない状況を自ら作りました。仕事の相手先にも全部知られています。もう途中で辞めることができません。本当はひたすら寝ていたい怠け者ですので、追い込みました。

しかし、匿名で行えるグループのトークの方が減量のモチベーションになる人もいると思いますので、そこは無理せず少しだけやりとりできる方がいい人はぜひご活用いただくのがいいのかなと思います。

自分のSNSで減量の状況を公開することで面白いことが沢山起こりました。気がつくと自分の周りで10人以上Noomのプログラムを始めていたことです。中には、15kgぐらい落ちたと言う人もいて、みんな7〜8kgは痩せていて、とても喜んでくれています!そして、最近はNoomを活用したい人から相談が来ます。生活習慣病を減らし、心停止を予防できるので喜んで紹介しています。笑

ダイエット=我慢することだと思っていたし、無理なダイエットで体調が悪くなることもよくありました。当然リバウンドも。でも、Noomのプログラムを始めてからは、風邪もひかないし、体調を崩すこともなくなりました。Noomって実はダイエットって言うより食習慣のバランス改善による体調管理ですよね。野菜の選び方など食事面での工夫が最も大切で、そこを色々と学べたのが良かったです。

必要なのは過度な運動やストイックな絶食とかじゃなく、カロリーのインアウトバランスと、食事内容の改善だったんだというのが素直な感想です。低カロリーでも空腹にしちゃダメなんですよね。あとはほんの少しの運動習慣を身につけること。

<後半>はこちらからご覧ください。

▼ Noom 行動変容プログラムはこちら