ストレスを管理する10個のコツ

 

30gの減量は、130円分の治療に値すると言われています。この考え方は、ストレスに関してもよく当てはまります。ストレスによる悪影響を回避するためのベストな方法は、ストレスをできるだけ防ぐことになります。そこで、今回はストレスを溜め込まないための10個のコツをまとめてみました!

詳しく掘り下げる前に、ストレスに関するいくつかの知識を確認してみましょう。

一般的に、ストレスは心と身体の健康にどのように影響するでしょうか?過度のストレスによる身体的症状はどのようなものでしょうか?マインドフルネス、運動、深呼吸、その他のストレスを管理するためのテクニックは、長期的にあなたの心と身体を守るうえでどのように役立つでしょうか?

 

ストレスとは

ストレスは、日常生活での要求や脅威に対する体の反応です。通常、少しストレスを感じること自体は、とても自然で健康的な反応です。実際、ストレスは痛みに少し似ているので、何らかの痛みを感じるときは、何かしら対処する必要がある問題について、あなたの体が警告を発しているときです。

ほとんどの人にとって、ストレス反応は、多くの身体的変化を引き起こします。たとえば、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌、心拍数と血圧の増加、消化の遅延、および特定の脳活動の変化などが含まれます。

繰り返しますが、これらの反応において、短期間のストレス自体は危険ではありません。深刻な健康リスクが発生し始めるのは、ストレスが長引くとき、つまり「慢性ストレス」の状態になるときです。

 

ストレスと慢性疾患の関係性

長期にわたる過度のストレスは、数多くの健康問題に関係しています。そのなかには、不安障害やうつ病などの精神の病気も含まれます。また、体重増加、高血圧、心臓病にも影響を与えます。たとえば、糖尿病の人にとって、ストレスは血糖値の制御を困難にし、合併症を引き起こす可能性を増加させます。

そのため、ストレス管理が現代のウェルネスプラクティスに不可欠な要素になっていることは当然だといえます。ヨガ、呼吸法、瞑想などを実践することは、毎日のストレスレベルを下げ、長期的な健康を守るうえで、非常に効果的な方法です。ストレス管理をシンプルで、かつ合理的に行うための10個のポイントを確認していきましょう。

 

1. 「免罪符」フレーズを作る

要求に「いいえ」と答えるのは難しい場合がありますが、「はい」と言った場合に、それが不要なストレスになるかどうかを前もって考えておくことが重要です。

やりたくないことをするようにプレッシャーを感じたときにストレスから抜け出す「免罪符」フレーズを考えてみてください。たとえば、「私の心はイエスと言っていますが、私の身体はノーと言っています」といったふうに。

 

2. 仕事をシェアする

「一日にもっと時間があったらいいのに」と思ったことがあるなら、仕事を委任することを考えてみましょう。仕事を委任することで、あなたのToDoリストの項目は減り、自分自身に時間を使う余裕がでてきます。その結果、家の掃除、買い物、食事の準備、洗濯を手伝ったり、家族との時間を持てたり、同僚のプロジェクトを手伝ったりすることができます。

人々が助けの手を差し伸べてくれたとき、批判的に捉えてしまうと、それがストレスに感じてしまうことはよくあります。そんなときは、ありがとう言って、彼らがあなたの仕事を引き継いでくれることを感謝しましょう!

 

3. ToDoリストを作成して、リマインダーを設定する

頭のなかにあるやらなきゃいけないことを紙に書き出しましょう。自分の責任とタスクをすべて書き留めるだけで、圧倒されにくくなります。 To Doリストがあっても、カレンダーや携帯、デスク、コンピュータなどでリマインダーを設定しておくのをおススメします。

リマインダーを設定しておくと、気持ちが整理されるので、落ち着いた状態で、目の前のタスクに取り掛かることができるようになります。

 

4. 小さくて現実的な目標を立てる

現状から大きく乖離した目標を設定することは、大きなストレスの原因になる可能性があります。達成できると確信の持てる現実的な目標を設定すると、その目標と将来の大きな目標を達成するために必要となる、短期的でポジティブなストレスを引き出すことができます。

 

5. 他のひとに助けを求める

誰に頼ることができそうかどうか考えてみましょう。目の前のことに圧倒され始めて励ましが必要になったとき、またはアドバイスが必要なときは、協力的な友人、家族、または同僚にサポートを依頼すると、ストレスを軽減することができます。

 

6. Get moving!

アクティブでいると、よりリラックスした気分になりやすく、ストレスの多い状況下でのマネジメントが容易になることが分かっています。

ストレスを防ぐ方法として、体操や軽い運動をするのはいかがでしょうか?休憩と健康を同時に確保することができて、一石二鳥です!

 

7. 睡眠をとりましょう

睡眠を奪われると、小さなストレスにも耐えづらくなってしまいます。十分な睡眠をとることで、1日を通してあなたの生産性は向上し、最終的にストレスの軽減に繋がります。

 

8. ストレス回避のための計画を立てる

あなたにとってどんな状況だとストレスを多く感じるでしょうか?

これらの状況が発生したときにどのように対処するかを事前に計画して、不要なストレスを引き起こさないようにするか、ストレスの多い状況を完全に回避する方法を考えてみましょう。

 

9. 全体像に焦点をあわせる

不快感または不安を感じると、多くの人がストレスを感じるようになります。しかし、時には少しの不快感がより大きな目的を達成するための手段になることもあります。

1つずつ確実にステップを踏み、全体像に焦点を合わせると、過度のストレスを防ぐことができます。

 

10. 楽しむ!

毎日楽しめる時間を作ってください。たとえば、午前中に新聞を読んだり、午後にカフェで友達と会ったり、泡風呂に入ったりしてみましょう。ストレスが蓄積するのを防ぐために、心と身体をいたわりましょう。

ストレスの管理方法について、もっと知りたい方は、Noomに登録してみてください!