• blog
  • ブログ
  • 緑の食べ物で食事の満足感をアップ

緑の食べ物で食事の満足感をアップ

Noomでは食品の重さとカロリーから算出する「カロリー密度」によって、日常のあらゆる食べ物を緑、黄色、赤のカテゴリーに分けています。緑のカテゴリーにある食品は、水分を多く含んでいてカロリー密度の低い食品、赤と黄色のリストにある食品と飲料は、緑のリストにあるものよりもカロリー濃度が高くなっています。

Noomのコーチが1日のカロリーに関してよく尋ねられる質問は、「緑の食品に毎日のカロリー割り当てがないのに、赤と黄色の食品には摂取カロリーの上限が決められているのに、緑の食品には上限が決まっていないのはどうしてか?」というものです。

これがアプリでどのように表示されるかというと、たとえば1日の摂取カロリーが1800kcalに設定されている場合、そのうちの450kcal(25%)は赤い食品、黄色の食品は810kcal(45%)に割り当てられています。しかし、緑の食品の摂取量は特に設定されていません。これは、緑の食品を食べるべきではないという意味ではありません。むしろ、カロリーを抑えつつも満足感が得られる緑の食品に関しては、赤と黄色の食品よりも積極的に摂取することをおすすめしています。

Noomは、身長、体重、性別、年齢、そしてあなたの減量目標を考慮に入れて、1日のカロリー摂取量を設定しています。これらのカロリー摂取量の設定に加えて、先ほど説明したように、Noomでは1日の食事をカロリー密度ごとに赤、黄、緑のカテゴリに分類しています。

赤と黄色の食品が一概に健康的でないと見なされるわけではありませんが、Noomプログラム内で、これらの食品を食べたことを記録すると、食べ過ぎないように表示が出ます。これは、日中の食事でカロリーを摂取しすぎてしまい、1日の残りの時間を空腹を過ごさないといけなくなってしまうのを防ぐためです。

「一日のうちに摂取できるカロリーが少なすぎて、夜になるとお腹が空いてしまう」という状態を避けるには、毎回の食事に緑の食品を追加してみてください!

緑のカテゴリーの食品は、少ないカロリーで満足感を得られるので、1日のカロリー摂取量への影響を心配せずに済みます。たとえば、いつもの食事にサラダや野菜を加えたり、果物や無脂肪のギリシャヨーグルトを間食として楽しむのをおすすめします。そのほかにも、カロリー密度が低く、満足感を得られる緑の食品を、今からご紹介します!

  • レタス (1カップ分 / 32g) 8 kcal
  • トマト (Mサイズ 1/2個) 11kcal
  • 紫タマネギ (みじん切りで大さじ2杯分 / 22 g) 9kcal
  • ブロッコリー (1カップ分 / 91g) 31kcal
  • カリフラワー (1カップ分 / 108g) 27kcal
  • ピーマン (Lサイズ1/2個 / 61g) 12kcal
  • ベビーキャロット (10個 / 113g ) 45kcal
  • セロリスティック (10本分 / 41g) 10kcal
  • スイカ (1カップ分 / 154g) 46kcal
  • いちご (1/2カップ / 84 g) 27kcal
  • さくらんぼ (1/2カップ / 64g) 39kcal
  • ブルーベリー (1/2カップ / 74g ) 42kcal
  • りんご (Mサイズ1個) 95kcal
  • バナナ (Mサイズ1個) 105kcal
  • 無脂肪ギリシャヨーグルト (1/2カップ / 79g) 45kcal

緑の食品と一緒に黄色の食品を摂ると、食事の満足感がさらに高まるのでおすすめです!おすすめの黄色の食品のリストをこちらにまとめました。

  • ゆで卵 (Lサイズ1個) 78kcal
  • ノンオイルのツナ缶 (1缶 / 80g) 57kcal
  • 鶏ささみのグリル(100 g) 105kcal
  • アボカドのディップ (大さじ2杯 / 30g) 46kcal
  • ミックスビーンズ (1/2カップ / 130g) 150kcal

カロリー密度が低い緑の食品を使ったレシピを詳しく知りたい方は、ぜひNoomに登録してみてください!