• blog
  • ブログ
  • 水を飲むことで得られる効果とは?

水を飲むことで得られる効果とは?

人体の60%近くが水分で構成されていることをご存知の方は多いと思います。では、なぜ十分な量の水分を摂取することは重要なのかを知っていますか?

水は私たちの体から毒素を洗い流すのを助けるだけでなく、肌を健康に保ち、そして、細胞に栄養素を運ぶのを助けてくれます。水分が不足すると、脱水症状になりやすく、頭痛、炎症、失神の原因になります。これらの症状を防ぐために、適切な量の水分を摂取する必要があります。

 

どのくらいの水を飲めばよいのか?

1日に飲むべき水の量として、「1日コップ〇杯飲めばよい」というような、コップの杯数で定められた基準を聞いたことのある方もいるかもしれません。しかし、実際にはコップによって内容量が異なってくるため、あなたがいつも使っているコップやグラスで適切な杯数を把握するのは難しいです。


代わりに、リットルで測定するのをおすすめします。すべてのひとにとって、普遍的に必要な水分量を定義するのは難しいですが、女性は1日あたり2.2リットル、男性は1日3リットルの水を摂取するのが目標といわれています。(これは、食事に含まれる水分も含んだ合計水分摂取量の値です。)もちろん厳密には、毎日の活動レベル、健康状態、居住環境によって、必要な水分量はそれぞれ異なってくるので、運動量が多いひとの場合は、1日に最大4リットルの水分摂取が推奨される場合もあります。

水を飲みすぎるリスクは比較的低いのですが、飲みすぎた場合のリスクについても注意しておきましょう。短時間にあまりにも多くの水分を摂取してしまい、体内総水分量が過剰な状態になると、低ナトリウム血症を引き起こすおそれがあります。症状としては、熱疲労、胃の痛み、頭痛などの熱疲労ですが、これらの症状が3時間以上の長時間続くことはまれです。低ナトリウム血症を避けるためには、一度に大量の水分を摂取しようとするのではなく、一日を通してこまめな水分補給を心がけましょう。

 

充分に水分を摂取することで得られるメリット

水を積極的に摂取することにより食事の満足感をアップさせることができるので、最終的には減量に繋がることが知られています。いっぱいになるまで食べる前に、いつもより意識して水を飲んでみてください!


もうひとつのメリットとして、水分摂取によって脱水症状を防ぐことは、脳機能が活性化し、気分の改善につながります。幸せな心と体は潤いのあるものですので、飲み続けてください! また、水は体液のバランスを保持するのにも繋がるので、消化が正常に機能するのを助けるだけでなく、血流を維持して体温を正常に保つのにも役立ちます。

さらに、水はあなたの筋肉にエネルギーを与え、髪にうるおいをもたらすことができます。水分が不足するとパフォーマンスが低下し、正常に機能しなくなってしまうので、水分補給は筋肉にとってもとても重要です。そして髪の毛に関しては、毎日より多くの水を飲んだ結果として髪が輝きが増し、頭皮の乾燥やはがれを防ぐ効果があったという報告もあります。(参考)

水のメリットは無限大です。この記事を読んでくださっている今、特に喉が乾いていくても、常に水分補給できるようにコップやボトルを水を注いでおきましょう。

最後まで読んでくださりありがとうございます。Noomでは、専属のコーチがひとりひとりの減量や健康目標の達成に向けたサポートをしています。より詳しく知りたい方は、ぜひNoomに登録してみてください。