• blog
  • ブログ
  • 「チートデイ」ならぬ「トリートデイ」のすすめ

「チートデイ」ならぬ「トリートデイ」のすすめ

カロリー摂取量を減らしたり、砂糖の量を制限したり、加工されたスナックを避けようと思っていても、自分の好きな食べ物に「食べない」ときっぱり告げるのは常に難しいことです。意志を強く持って好きな食べ物を制限しようとすると、短期間は比較的簡単に続きますが、多くのひとにとって自分の好きな食べ物を食べ続けない生活を長時間続けることは難しいです。また、「健康的な」食生活を送るためには、それほど健康的ではないジャンクフードなどの食品を我慢しなければいけないという考えも、短期的に維持することはできますが、我慢し続けることには限界があります

「チートデイ」は、一時的に食事の規則や制限を無視して食事を楽しむ期間を設けるために考え出されました。週に1度「チートデイ」を定める方もいれば、誕生日や休日などの特別な日を「チートデイ」と指定する方もいます。頻度は人によって異なりますが、好きなものを何でも食べられるように指定された期間があると、過食につながってしまう場合も多いです。一部の栄養士は、「チートデイ」に高カロリーの食品を食べた人は、「チートデイ」の翌日により多くのカロリーを消費する可能性が高いという傾向を報告しています。(参考)

「チートデイ」に頼らず減量に取り組むことは、あなたの健康への進歩を緩めることなく、減量へのモチベーションを保ち続けるための効果的な方法になるかもしれません。

「チート」という言葉は、通常「悪い」または「ルールに反する」という意味を持ちます。食事を楽しむ代わりに、いくら「チートデイ」とは言えども、「高カロリーな食べ物」を食べたことに罪悪感を感じてしまうようであれば、「チート」の代わりに、自分への「トリート(ごほうび)デイ」として、食事を楽しむことを心がけましょう!

食べ物との健全な関係を持つということは、お気に入りのおやつを楽しながらも、それらをあなたのライフスタイルに適合させることを意味します。あなたが美味しいと感じるおやつは、健康食品である場合もあれば、あまり健康的でないスナックである場合もあります。後者であれば、それらのスナックを時々ご褒美として楽しむことで、減量を長期的に続けやすくなります。

Noomでは、短期的で過酷な食事方法ではなく、私たちはライフスタイルとして健康的な食事を促進し、健康の目標達成をサポートしています。

 

効果的な「トリートデイ」のためのポイント

1. イライラしているときには、自分自身をコントロールすることができる可能性が低くなっているので、自分にごちそうを与えるのは避けるようにしましょう。

2. 自分で作るようにしましょう。もしチーズバーガーが食べたくなったら、ファーストフードのお店で購入する代わりに、自家製の代替品を選びましょう。自分で調理をすることで、食事に入れる食材やその量をコントロールできるだけでなく、楽しみながら新しいレシピを試せます!