• blog
  • ブログ
  • 減量を思い立ったひとに見てほしい、減量目標を達成するための4つのコツ

減量を思い立ったひとに見てほしい、減量目標を達成するための4つのコツ

長期的な健康を手に入れるために人生で最後の減量に励むと決心したとき、あなたは食事に気を遣おうと意気込んでいるかもしれません。減量の効果がだんだんと出てくるにつれて、洋服のサイズが変わったことに喜んだり、周りのひとにも褒められて嬉しく感じるでしょう。


しかし、どんなに減量が順調に進んでいるときでも、特に理由もなく突然お腹がすいて、気づいたらキッチンで食べ物を手にしている自分自身に気づいて驚くこともあるかもしれません。そんなとき、食べたい気持ちをコントロールできなかった自分自身に罪悪感を感じて、自虐的な思考に陥ってしまいがちですが、これはとても一般的なことで、自分を責める必要はありません。


体重を減らすことは、ある意味では、あなたのアイデンティティを失うようなものだと考えることができます。なぜならそれは、長い間あなたが培ってきた思考、アイデア、習慣、考え方を捨てることを必要とするからです。
減量はまた、あなたの不安や恐怖の感情も引き出してしまう可能性もあります。具体的には、減量の失敗を恐れたり、思った結果が出ないことを恐れたり、他人から見られることを恐れるようになる場合があります。


しかし、これらの恐れや不安を払拭して、減量の目標を達成し、長期的な健康を手に入れることは可能です!自分のなかにあるネガティブな考え方を克服し、今までの習慣をより良いものへ変えていくために、様々な方法を試していくことは、持続可能な減量への重要な鍵になります。あなたは、誰よりも自分自身を最もよく知っています。ですから、自分が試してみたいと感じる方法から始めてみましょう。

 

1. 理由を見つける

これは単純に思えるかもしれませんが、減量があなたにとって重要である理由を掘り下げると、目標達成まで集中して取り組みやすくなります。

いくつかの質問を熟考し、深く掘り下げて、自分自身にに耳を傾けてください。たとえば、現状のままの生活を送り続けるとどうなると思いますか?現在の目標を達成した場合、あなたの人生はどのように変化すると思いますか?その目標を達成するには何を変える必要がありますか?

このように、少しずつ、現状から目標を実現する方法へと突き詰めていくことで、自分自身が変わりたいと思う理由や、減量のモチベーションとなるものが分かるようになります。

 

2. 自分の強みを活用する

過去に目標を達成できた経験を振り返って、その時の目標がどんなものであったかを思い出してください。それらの目標をどのように達成したかを書き留めておいて、目標を到達するのに役立った自分の強みをリストにまとめましょう。

そして、それらの強みを分析していきます。たとえば、どうしてやりたくなかったのに、継続して取り組み続けられたのか?どうやって時間を捻出したのか?どのようにして目標達成までモチベーションを保ち続けたのか?

自分の回答をもとに、それら経験や、そこから導かれた自分の強みを、減量での目標達成にどのように適用できそうなのかを考えてみましょう。

 

3. 練習あるのみ

日々の行動において、新しい選択をする練習をしてください。練習は、何か新しいものを始めるときに起こる感情的な障壁を乗り越えて、新しい習慣を作り出すのに役立ちます。たとえば、数学の問題を解いたり、自転車に乗る方法を学んでいたときを思い出してください。もちろん、誰しも最初から完璧に問題を解くことが出来たり、自転車に乗れたわけではなかったと思います。どんなものに対しても、最初は、計画、情報収集、忍耐、そして練習が必要です。同じ考えは減量への取り組みにも適用できます。

本当に集中したいと思う分野を1つ選び、できるだけ多くのことを調べ、計画を立ててから、試してみてください。外食を例にとってみましょう。あなたは金曜の夜に外食する予定がありましたが、良さそうなレストランを選ぶことができませんでした。そこで、近くにあったレストランに行きましたが、想像よりも量が多く、食べ過ぎてしまいました。家に帰ったあなたは、当初の予定通りに行かなかったことに気づきますが、実はこのタイミングが、振り返って計画を建て直す絶好のタイミングなのです。


どうしてうまくいかなかったのかを振り返ったら、次回のための対応策を練りましょう。外食の例でいうと、次回は食べ過ぎないように、事前にレストランの料理を調べておく、また持ち帰り用の箱をもらって、食べきれない料理は持ち帰るようにする、などの対応策が出てくると思います。このように、減量のための新しい行動を習慣化させるための練習を続けていくことで、やがてその行動が習慣化されていきます。

 

4. 専門家に頼ってみる

もし、感情的な食事、怠け癖、ネガティブな行動サイクルに悩んでいるのであれば、これらの要素は、あなたの減量に悪影響を及ぼしているかもしれません。カウンセラーまたはセラピストに相談して、あなたの減量に役立たない習慣を変えていく必要があります。

行動療法では、目標を達成するのを妨げる可能性のある問題のある考えや行動に焦点を当てたテクニックを教えています。専門家に相談できる環境があれば、それは行動変容を促進する上で前向きな一歩になる可能性があります。また、Noomのような外部のリソースを使って、あなたの目標達成をサポートする体制を整えることもおすすめです。