• サポート
  • フード
  • 「マインドフル・イーティング」と、秘密のGIFでストレス過食を防ぐ方法

「マインドフル・イーティング」と、秘密のGIFでストレス過食を防ぐ方法

その日一日の仕事をすべて片づけて、自宅へ戻ったとき、仕事をこなしたことによる精神的な疲れと空腹を感じると思います。この精神的な疲れと空腹を同時に感じるとき、私たちは感情的な暴食に走ってしまう恐れがあります。

 

「マインドフルネス」は、理論的には素敵に聞こえますが、日々の忙しい生活のなかで取り入れていくのは容易ではありません。一方で、目の前にある食べ物を意識し、感謝して食べるマインドフル・イーティングを心がけると、より健康的な食事を楽しめるようになることが研究で明らかにされています。

 

マインドフル・イーティングを実践するときには、以下の3つのポイントを参考にしましょう!

1. 自身の今の感情を整理しましょう。空腹を感じていても、実際にはストレス、倦怠感など隠れた感情が空腹を引き起こしている場合があります。

2. 食事を選択することの重要性を知りましょう。いつもどのように食事を選んでいるかを振り返るとともに、あなたの体が喜ぶ食事はどんなものなのか考えてみましょう。

3. 食べ物の見た目、匂い、食感、味に気を配りながら、食事に集中して食べ物を頂きましょう。

 

これら3つのポイントに注意すると、より健康的な食品の選択を行えるようになり、食品をより楽しみながら、ゆっくりと意識的に食事をすることで食事自体の満足度も上げられるようになります。そうは言っても、職場でストレスを感じるとついついチョコレートなど甘いものを口にしてしまう方にとっては、ゆっくりと気にかけて食事をするマインドフル・イーティングのプロセスはめんどくさく感じたり、難しく感じると思います。

 

イライラしているとつい食に走ってしまうという方には、このGIFを見るのをおすすめします。線が三角形、正方形、と段々増えていき、八角形になるまで拡大するこのGIFは、不安を解消する効果があると言われています。呼吸をGIFの動きに合わせて、拡張時間の5秒間で息を吸い、収縮する5秒間で息を吐いていきます。いつもより呼吸を遅くして、ゆっくりと定期的に動くGIFに心を集中させることができるので、心を落ち着かせたいときにおすすめです。

 

画像1

 

では、なぜこのGIFには、心を落ち着かせる効果があるのでしょうか。不安を感じているとき、私たちの呼吸は気づかないうちに浅く、早いスピードに変化する傾向にあります。浅く早い呼吸は、心臓の鼓動を早めて、めまいを引き起こす可能性があるだけでなく、落ち着かない感覚を感じる原因にもなります。深く呼吸することで、心臓の鼓動を落ち着かせて、体内の酸素と二酸化炭素のバランスを正常に戻すことができます。

 

ストレスを感じたことによる感情的な食欲に気づいたら、このGIFの動きに合わせて、5~10回深呼吸してみましょう。心と体を落ち着かせれると、あまり考えずに勢いで食事を決めてしまうことが防げるようになります。

 

ストレス過食を防いで、健康的なライフスタイルを習慣化する方法について興味のある方は、ぜひNoomに登録してみてください!