• blog
  • ブログ
  • 自分と他人を比べてしまう方に試してほしい3つの方法

自分と他人を比べてしまう方に試してほしい3つの方法

 

日々の暮らしのなかで、スタイル抜群な美しい女性やハンサムな男性の画像を見ずに生活するのはなかなか難しいです。これらの写真のなかには、大幅に修正されたものも多く含まれており、私たちの実際の生活や姿を正確に表現したものではありません。いわば、非現実的なものです。

メディアは私たち消費者に、日常のあらゆる場面で理想的なイメージを抱かせています。すると、私たちは気づかないうちに、テレビや雑誌が取り上げた優れた製品を購入し、評判の良い完璧な食事方法を続け、現在のファッショントレンドに身を包めば、私たちは完璧で幸せな人々になれるという錯覚に陥ってしまう場合があります。これが「幸福の罠(happiness trap)」と呼ばれるものです。私たち個々人には、自分の外にあるものだけでは満たすことができない幸福があることを認識することが重要です。

そこで今回は、理想的なイメージと自分を比べるのではなく、自分自身に目を向けて、ありのままの自分を受け入れるための3つのポイントをご紹介します。さっそくチェックしてみましょう!

 

1. 自分自身を捉えなおしましょう

SNSを眺めていたり、お気に入りの番組を見ているときに、非現実的な画像や完璧に見える他人の画像と自分自身を比較してしまい、自分の美しさや価値に疑問を投げかけたくなったことがある人も多いと思います。そのような画像が目に入ったときに、まずは自分自身を観察しましょう。

他人と自分を比較して自己批判してしまうといういつものパターンに気づき始めたら、それは自分の考え方を変え始めるチャンスです。自分の思考パターンをいつもより意識して過ごしてみると、その考え方を止めるための取り組みを始めやすくなります。非現実的な期待を自分に与えてしまうことが、時に健康に害を及ぼすことを心に留めておくと、手放すのが簡単になります。ただし、このパターンの考え方を止めることは簡単ではないので、まずは「今日は自分と他人を比較して自分を批判するのは止めよう」と自分に言い聞かせてください。これを一日ずつ続けてみましょう。

 

2.自分のいいところを探しましょう

自分を他人と比較すると、相手のいい面に着目しすぎてしまい、自分の個性を損なってしまうことが多くなります。たしかに、他人は彼ら自身を輝かせる資質を持っているかもしれませんが、あなたには、他のひとが持っていないあなた自身をの個性を輝かせる資質を持っています!

もし自分が比較の罠に陥っていることに気づいたら、あなたのなかにある、あなたらしさを作り出している資質がどういうものなのかを特定してみましょう。あなたらしさを作り出しているものをすべて書き出して、リストを作成しておくと、自己不信の渦に巻き込まれたときに見返して本当に自分の個性になるものがなにか分かります。自分で自分のポジティブな資質を特定するのが難しい場合は、家族や友人にあなたのポジティブな特徴を聞いてみて、いくつかをリストに反映してみましょう。

 

3.今までの努力を褒めましょう

他人と比較せず、自分自身に目を向けることで健康的な体、心、精神状態を手に入れるには、目標に向けて最善を尽くすしかありません。目標達成のための道のりのなかでは、行動の結果を祝うのではなく、ポジティブな変化をもたらすために毎日取っているアクションを褒めましょう。そうすることで、すべてのアクションが健康的な自分に近づくためのステップになっていると実感できます。

他人との比較ではなくありのままの自分を受け入れることで、自分自身の健康を掴む方法についてより詳しく知りたい方は、ぜひ一度Noomを試してみてください!